メニューを開く

2019/07/02

どっちがいいの???

こんにちは!

 

最近いろいろな人からその髪型の方がいいね!

と言われて、チョット嬉しい鈴木善博です(^_^)

 

シャンプーをH&Sのハイパーシャンプーに変えたからでしょうか(笑)

 

 

先日、空き巣被害にあったお客さんから家の防犯対策の相談を受けました。

その家は県道沿いで、泥棒の侵入場所は家の裏ですが、

裏と言っても、完全に見えなくなる場所ではなく、

歩行者がふと目をやったり、車からふと目をやれば、

存在がバレてしまいそうに思える場所でした。

怖いですよね。

 

 

窓の外にはバールが捨ててあり、ピンポイントで窓のクレセント(鍵)部分

のガラスを割り、室内へ侵入されてしまったそうです。

 

 

ご主人「もうこんなことされちゃぁかなわんで、防犯フィルム張りたいんだけど・・・」

 

私「防犯フィルムですね。防犯合わせガラスにする方法もありますけどどうですか?」

 

ご主人「どっちがいいの???」

 

私「防犯フィルムだとガラスを割られた後にカッターでフィルムを切られる可能性もありますよね」

 

すみません!私、知ったかしてました・・・

防犯フィルムはカッター切れません!

 

 

 

カッターで切れないため、ガラスの寸法での出荷になります。

 

そして、防犯フィルムと防犯合わせガラスの大きな相違点ですが、

 

①ガラスの飛散量の違い

フィルムを室内に貼ったガラスは、室内へ破片が飛散しない、

一方、合わせガラスは室内に飛散する

 

②耐用年数の違い

フィルムは接着剤の劣化や剥離で左右される、

一方、合わせガラスは亀裂が入った時点

 

③コストの違い

合わせガラスは、ガラス取り替えの手間と処分代がかかるため、

フィルム貼りよりお値段が高いです。

 

「結局どっちがいいの???」といえば、

長い目で見て防犯合わせガラスをおススメします!

 

YKKの「防犯配慮の家」というサイトが

家の防犯対策の参考になりますので、

良かったらご覧ください。

https://www.ykkap.co.jp/feature/014/

 

鈴木善博

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る