メニューを開く

2019/07/05

建築日記◇基礎工事順調に進んでます

次は配筋という作業を行います。

 

配筋とは、鉄筋を組む作業です。住宅の

基礎はコンクリートと鉄筋でできていて

配筋は基礎の強度を担う大事な工程

 

 

 

鉄筋が重なるところの仕様とか

配筋がないところ=人通口の補強筋など

一般の人には複雑でわかりにくいですが

 

これをチェックするために

第三者検査機関による検査があります。

 

 

7月2日(火) 配筋検査実施

 

配筋のピッチや補強筋の入れ方など

間違いがないか細かくチェック

 

 

 

7月3日(水) 

基礎ベース部分(床)にコンクリートを

打設します。と、その前に…

 

 

コンクリート受入検査

 

これは現場に運ばれてきたコンクリートの

品質が適合しているか確認する検査です。

 

 

・スランプ試験

 生コンクリートの流動性を調べる検査

・空気量測定

 コンクリートの流動性と圧縮強度を検査

・塩化物含有量

 コンクリート中に含まれる塩化物イオンの

 濃度を測定し錆びの発生のしやすさ

 (発錆度)を検査

 

 

なんだか聞きなれない言葉ばかりですが

 

★マンションやビルなどでは当たり前の

受入検査が、戸建住宅では実施されない

ケースが少なくありません。

 

 

いよいよコンクリートを流し込みます。

 

 

 

職人さんたちの見事な手さばきで

あっという間に完成です!

 

 

 

基礎は住宅の要

 

品質管理の徹底が安全な住宅を造ります。

ページの先頭へ戻る