メニューを開く

2019/07/06

今の建方って静かなんですね~(@_@)

雨が少ないですねとブログに書いた途端

 

まさに梅雨全開で晴れ間のない毎日に

ちょっと洗濯ストレスを感じている林です

 

 

 

建方とは…

木造の骨組み(柱や梁など)を組み立て

家の一番上の木(棟木)までを完成させる

建築の工程のことで

 

棟木までできあがると上棟といい

上棟式が行われます。

 

昔は最後に餅投げもやっていましたね。

 

 

 

建方のイメージといえば、

 

クレーン車に合図を送る大工さんの声と

木材を吊り上げるクレーン車の機械音で

 

活気ある(⇔かなり騒がしい)というのが

正直な感想でしたが

 

 

 

今の建方はというと

 

6月29日西尾市で行われた建方の様子

 

 

電動式クレーンでもちろん排気ガスはゼロ

 

コントーロール機で操作ができるため

大声を張り上げることもありません。

 

 

騒音やスペースの問題など近隣の方や

通行人の方に配慮した作業となります。

 

 

また、先に足場を組んでいるため、より

安全で安心な工事を行うことができます。

 

 

6年前、岡崎市の現場で建方をやった際に

施主様が

 

「いや~~驚きましたよ!

今の建方はこんなに静かなんですね。

狭い敷地なんで心配でしたが

こんなにスムーズに作業が進むとはね」

 

とおっしゃっていました。

 

 

7月22日には平戸橋町で建方があります。

 

ご興味がある方はご覧いただけますので

お気軽にご連絡ください。

 

林 泉

ページの先頭へ戻る