メニューを開く

2019/07/10

建築日誌◇立上りコンクリート打設

7月4日

立ち上がりコンクリートを固定するための

型枠を設置していきます。

 

 

 

その型枠設置と同時に行われるのが

アンカーボルトの設置

 

 

アンカーボルトとは基礎(コンクリート)

と土台(木)を固定するための金物のこと

 

耐震性能に関わる重要な作業で設置数、

設置場所についても決まっています。

 

 

これがアンカーボルトです

 

 

 

いよいよコンクリートを打設…と、その前に

 

 

スラブ(床)の時と同様に

コンクリートの受入検査を行います。

 

 

 

 

そしていよいよコンクリート打設です。

 

 

ここで重要なのがコンクリートの締固め

 

ポンプ車を使いコンクリートを流し込むと

同時に、バイブレータを使用して振動を

与えていきます。

 

これにより不純な空気が抜け、密度が

高いコンクリートが完成します。

 

 

締固めはコンクリートの強度を出す必須

作業で手抜きをすると欠陥が発生します。

 

ページの先頭へ戻る