メニューを開く

2019/07/29

建築日記◇金物工法

「通し柱」とは昔ながらの木造住宅工法で

2階建て以上の建物の、土台から軒まで

通っている継ぎ目のない柱のことです。

 

通し柱に梁を組むためには

柱を切り欠いてほぞ加工を作り、

梁を差し込んで組み合わせます。

 

 

接合したら接合金物で補強していきます。

 

 

 

通し柱に対して4方向から梁を接合すると

加工によって木材の断面欠損部ができ 

 

これが木造住宅の弱点となっていました。

 

 

そこで取り入れているのが金物工法

金物工法とは、梁と柱を金属プレートと

ドリフトピンで固定する方法です。

 

 

断面欠損がほとんどなく、強度が保たれます。

 

 

通し柱の様子

 

 

梁側プレートに取り付けられたドリフトピンを

柱側の本体に掛けるだけで正確な位置に接合

 

 

ちなみに…マルスは柱に

ヒノキの無垢材を使用しています。

 

無垢材は集成材に比べ、錆の原因となる

木酸の影響を受けやすいため

 

高い防錆・防腐力を発揮し環境に優しい

クロムフリーの金物を採用しています。

ページの先頭へ戻る