メニューを開く

2019/07/31

建築日記◇中間検査実施

昨日は中間検査を実施しました。

 

 

中間検査とは

屋根葺き工事及び

構造耐力上主要な軸組の工事が完了した後

第三者によって行われる現場検査です。

 

 

 

どこをチェックするかというと

 

敷地確認としては

建物の位置、外形、境界からの距離など

 

 

構造体確認としては

柱や小屋組(屋根の骨組み)の材料、寸法

(こちらの現場は片流れ屋根です)

 

 

筋かいや面材などの耐力壁の配置や数

接合部の金物の取付状況等々

図面と照らし合わせて確認していきます。

 

 

検査中の様子

 

 

金物取付状況

 

 

2階建ての木造住宅の場合は

確認申請書を提出した検査機関

住宅瑕疵担保責任保険の保険法人両方が

検査を実施し一定の品質を確認するよう

義務付けられています。

 

 

中間検査(構造体検査)が無事終わり

いよいよ来週から断熱材工事が始まります。

 

まずは外部の透湿防水シート貼り

内部は引き続き大工工事(内部造作)です。

ページの先頭へ戻る