メニューを開く

2019/08/16

建築日記◇断熱材工事完了

現場ではすでに断熱材工事が完了。

 

床の断熱材にはフクフォームECOを使用

 

91㎝ピッチの大引(桧材12㎝角)の間に

厚み12㎝のフクフォームをはめ込みます。

 

 

この時、どうしても大引と断熱材の間には

目に見えないすき間ができてしまいます。

 

そこで、気密性を高めるために大引と

断熱材の境目を気密テープで貼っていきます。

 

 

壁と屋根には現場で吹き付けていく

発泡断熱材アクアフォームを使用

 

 

断熱材の厚さは、壁が9㎝屋根は17㎝

 

 

壁に取り付けたピンには90㎜のマークが

 

引き抜いてみるとピンの長さは9㎝ありました。

 

これで、現場で実際に吹き付けられた

断熱材の厚みを確認することができます。

 

 

天井にも同じように170㎜の印のピンが

取り付けられています。

 

 

こちらの現場の屋根は

片流れの緩い勾配で、ガルバリウム鋼板と

いう金属製の板を使用しています。

 

ガルバリウム鋼板屋根は瓦に比べ軽いため

耐震的には非常に優れています。

 

ただし金属板で熱伝導率が高いため

屋根材表面の温度を裏面にそのまま伝えて

しまいます。

 

そこで、屋根の断熱材はできるだけ

厚いほうが理想的といえます。

 

各現場の状況やコストと施工性を考慮し

断熱性の厚みを決定し、施工しています。

ページの先頭へ戻る