メニューを開く

2019/09/10

危ないブロック塀は解体しましょう!

こんにちは!

 

9月なのに異常な暑さで、

夏バテ気味の鈴木善博です(>_<)

 

お盆明けから始まった、

消費税前に完了させる工事が多くて

忙しい日々を過ごしてますが、

その中のひとつに危ないブロック塀を

解体して、フェンスにする工事を依頼

されたのでご紹介します。

 

 

 

平成30年6月に起きた大阪府北部を震源

とする地震では、道路に面するブロック塀

や石造塀が倒壊し、下敷きになった歩行者

が亡くなるという大きな被害が出ました。

その事故を受けて、豊田市では、

公道等に面した高さ1メートル以上の

ブロック塀等を撤去する工事費に対し、

予算の範囲内で最大10万円の助成を

行っています。

 

今回はその補助金を利用しようと

豊田市役所に現地調査を依頼しました。

現地を確認してもらうと、

 

豊田市「これでは補助金は出せないです」

私「ええっ!何でです?」

豊田市「公道に面するブロック塀全て

を壊さないと出せないんですよ。

 

そのお宅は区画の角地で、宅地2面が

道路に面するので、そちらも対象になる

ということでした。

 

 

この補助金を利用しようとした場合、

角地の宅地は注意が必要です!

今回は補助金の申請はできなかった

ですが、工事は依頼していただけました。

 

 

ブロック塀を解体し、

 

 

 

フェンス用の基礎となるブロックを積んで、

目隠しフェンスを施工すれば完了です。

 

地震が起きて人に危害を加えてからの

対策では遅いですからね。

気になる方は下記リンクのチェックシート

でセルフチェックしてみてください。

 

ブロック塀の点検

https://www.city.toyota.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/025/249/02.pdf

 

そして、対策を練りたい方はご気軽に相談してくださいね。

 

鈴木善博

 

 

 

ページの先頭へ戻る