メニューを開く

2019/09/07

建築日記◇太陽光パネル設置完了

今週初めに太陽光パネルを設置しました。

 

こちらの屋根はガルバリウム鋼板の

立平葺きという仕様です。

 

 

立平葺きは屋根の一番高いところから軒まで

継ぎ目なく一枚の金属板で覆われているため

雨漏りのリスクを最小限に抑えてくれます。

 

特に屋根の勾配(角度)が緩いお家には◎

 

 

見た目は凸部があり瓦棒葺きと似ていますが

 

瓦棒葺きは、凸部の中に木材があり

これに金属板を固定しているので

屋根材の下に水が浸入した場合

木が腐食してしまいます。

 

これに対して、

立平葺きは金属が折り曲げ加工されて

いるので腐食することがありません。

 

 

 

 

この屋根に太陽光パネルを取り付けるための

専用金具を取り付けた写真がこちら

 

 

立平葺き屋根の凸部を掴み(キャッチ)

専用ビスで取り付けるため

キャッチ工法と言われています。

 

屋根に穴を開けないため雨漏れの心配がなく

太陽光パネルもしっかりと取り付きます。

 

軽量な金具なので耐震的にも有利です。

 

※耐震等級3をとるための構造計算では

パネル等の重量も屋根に加重されます。

 

 

 

太陽光発電システムに関して、以前は

「設置費用が高くて手が出せない」と

言われていましたが

 

最近は価格もずいぶん下がってきて何より

災害時や停電時に電気が使えるということで

設置を検討する方が増えています。

 

 

今回設置したパネルは15枚(4.575kw)

 

 

使用メーカーはQセルズ

曇りや日射しの弱い時も高い発電効率を維持し

耐久性にも優れていると言われています。

 

ページの先頭へ戻る