和とモダンが融合、匠の技が叶えた明治の古民家リノベ

メニューを開く

新築施工事例

豊田市松名町 N様邸

平屋の住まい

和とモダンが融合、匠の技が叶えた明治の古民家リノベ

N様邸

ピカピカの新築よりも、古民家を改修して自分らしく住みたいと望んでいたN様ご夫妻。時間をかけて探し当てた物件はなんと、100年以上前の明治時代に建てられた大きなお家でした。

屋根、柱、梁、室内建具は既存のまま活かしつつ、間取りと床、壁、設備仕様、サッシ、断熱材を一新。身体に優しい自然素材を多用しオーガニックな空間を造りました。今の暮らしの便利さは保ちながら、それでいて古き良き時代のものはそのままに、懐かしいのにお洒落な空間へと生まれ変わり、住むほどに愛着が深まる古民家に大満足のN様ご夫妻です。

・玄関東面before

・玄関東面after

玄関横の部屋には一部壁を新設して、スイッチやコンセントなどを配置しやすくしました。壁には自然素材のカルクウォールを採用して(塗り壁)健康を考えた居心地の良い空間になっています。さらに間接照明を導入することで一気にお洒落度が増しました。

・玄関北面before

・玄関北面after

以前あった玄関ホールを半分に縮小して土間部分を広いスペースとしたことで、まるで高級旅館を思わせるような玄関に生まれ変わりました。ホールの床板には長野県産材のあずみの松を使用。美しい木肌と室内建具の格子がマッチして訪れた人を優しく迎えます。

・縁側before

・縁側after


縁側の床にも長野県産材あずみの松を使用。奥行10mもある縁側はほぼすべてがサッシになっているため開放感は抜群です。天井は杉竿縁天井で仕上げ、照明器具を取り付けると一気にモダンな雰囲気に。

お気に入りの空間

・和室から庭を望む

まるで一枚の絵のような迫力の窓辺。天井や室内建具は既存の素材を利用し、奥様が自ら蜜蝋(みつろう)を塗って仕上げました。上質な木を使っていると大工さんも絶賛。

・キッチンカウンター

お二人で作業するスペースをしっかり確保したキッチン。ちょっと広めのカウンターは食事をするにも十分で、家族が集まったときには配膳台としても大活躍です。キッチンの白い天井に黒く映える梁、実はこれ…解体をしている最中に見つけたものなんです。天井を解体しているとき、立派な梁が現れて思わず大工さんが「これは生かそう!」とその場で決まり、キッチン天井の高さも梁に合わせて変えることになりました。(リノベではこのようなことがよくあります)見事に再生してN様も大満足!

・造作の洗面化粧台

木製カウンターの上に置かれた洗面ボウルは、陶芸家であるお父様の作品。壁に貼ったタイルともぴったりで、深みのある温かさを感じる唯一無二の洗面台になりました。

・キッチン

料理好きな奥様がセレクトしたキッチンはステンレス製。格子戸を開けると玄関ホールになっているので、キッチンに立っているときに不意の来客があっても、すぐ対応できる間取りになりました。

・薪ストーブのある暮らし

こちらのお家は今回、断熱材もほぼやり替えました。(床は一部をのぞきすべて敷き込み・壁は一部土壁部分のみそのまま・天井はすべての部屋に敷き込み)サッシもすべてペアガラスに取替えていますが、山間ということと何といっても炎の温かみがお好みということで暖炉を設置しました。暖炉の炎を見ながら週末ゆったりと過ごす時間はきっと極上の癒しに違いありませんね。

・洋室

床は無垢のレッドパイン材、壁と天井はオガファーザー+デュブロンで自然素材にこだわった仕上げになっています。

新築施工事例カテゴリ一覧

ライン

ライン

ページの先頭へ戻る